遊戯王5D's 第93話から監督体制が以前の状態に復帰

 2010年1月20日放送分の遊戯王5D's 第93話「戦慄!主従の覚悟!!」から監督体制が変わりました。鬼柳編(第86話〜第92話)で監督を務めていた菱川直樹さんの名前がOPクレジットから消え、総監督を務めていた小野勝巳さんが監督に復帰しています。これで第85話以前と同じ監督体制に戻りました。
 おそらくは2010年1月23日に公開される劇場版「遊戯王」の制作が一段落したことが理由と思われます。監督+総監督の体制は鬼柳編のみの特別シフトだったと考えてよさそうです。
【関連項目】


posted by Flyer 2010-01-20 21:32 | Permalink | 考察・メモ

遊戯王 放送10周年記念アニメを取り上げた「Eネ!」の内容について

 2009年12月26日の深夜にテレビ東京で放送された「Eネ!」で「10th アニバーサリー 劇場版 遊戯王〜超融合!時空を越えた絆〜」を取り上げていました。 その内容について書いておきたいと思います。
 遊戯王を扱った部分は以下のような流れでした。
◆遊戯王シリーズ全体の紹介
・アニメは世界80ヶ国以上で放送され、放送10周年に突入
・全世界で販売されたカードの累計枚数は225億枚以上、ギネスブックにも認定
・地球規模の人気を誇る作品がついに映画化!
◆劇場版のストーリー紹介
・不動遊星はパラドックスに「スターダスト・ドラゴン」を奪われてしまう
・過去にタイムスリップした遊星は遊城十代と出会い、パラドックスの陰謀を知る
・さらに過去に遡った遊星と十代は武藤遊戯と出会う
・3人は世界を救うために力を合わせて戦うことを決意する
・3人とパラドックスの壮絶なデュエルが始まる!
・果たして世界の運命は!?
◆主役3人の声優からメッセージ
KENN(遊城十代役)「友情だったりとか絆だったりとかそういう部分もありますので、ぜひお子様と一緒に観にきていただけたら嬉しいです」
宮下雄也(不動遊星役)「俺たちの絆でデュエルはずっと続いていくんだっていう、そういう想いを感じとってほしいなと思います」
風間俊介(武藤遊戯役)「凄いデュエルが待っていますので、皆さんぜひ劇場に遊びにきて観ていただいて、そして帰ってデュエルをしていただけたらと思っております」
◆パラドックス役の田村淳さんからメッセージ
田村「テレビ東京をご覧の皆さんこんにちは、田村淳です」
田村「見どころはズバリ、カードから召喚したモンスターが実体化するシチュエーションを、3D映像でリアルに体験できることです!」
田村「僕が演じる史上最強の敵パラドックスが使うカードは凄いモンスターばかりなので、ぜひ映画館で確かめてください」
◆劇場版の主題歌について
・主題歌はjealkbが歌う「makemagic」
・ボーカルのhaderuは田村淳さんの兄である…らしい
◆jealkbからメッセージ
メンバー全員「こんばんは、jealkbです」
haderu「新曲は1月23日から3Dシアターで公開される劇場版『遊戯王』の主題歌になっております。大音量で聴ける劇場に行って、ぜひ聴いていただきたいと思います」
◆3D映像の説明
・本作品の魅力の1つがド迫力の3D映像
・3D専用のメガネをかけて見ると、スクリーンからモンスターが飛び出してくる!
◆入場者プレゼントについて
・入場者全員に劇場版限定カードをプレゼント
・どんなカードになっているのかは劇場で確かめよう!
◆主役3人の声優から改めて劇場版の告知
3人「劇場版『遊戯王』、1月23日公開!劇場で待ってるぜ、デュエル!!」(完)
 「Eネ!」は10分の番組ですが、劇場版「遊戯王」の特集は5分でした。この短い時間に、よくこれだけの内容を詰め込んだと思います。
 番組で流れた映像は劇場版の予告から引っ張ってきた映像が多かったものの、一部に初出のカットもありました。劇場公開まで1ヶ月を切っており、今後の動きにも注目が集まります。
【関連項目】
posted by Flyer 2009-12-27 23:14 | Permalink | 考察・メモ

遊戯王5D'sの声優が出演した「サキよみ ジャンBANG!」の内容について

 2009年11月27日に放送されたテレビ東京の番組「サキよみ ジャンBANG!」に遊戯王5D'sの声優が出演しました。 その内容について書いておきたいと思います。
 遊戯王を扱った部分を要約すると、以下のような流れでした。
◆番組ナビゲーターと5D'sの声優が対面
 番組のナビゲーターはアメリカザリガニの柳原哲也さん(アメパイ)と平井善之さん(ザリパイ)、そして南明奈さん(アッキーナ)の3人。その3人の前に、カリスマデュエリストのカイザー海馬さんとシロノスさんが登場。カイザーが「今、遊戯王が凄いことになっている」と劇場版の遊戯王を紹介する。
 「劇場版に出たい」という3人に対し、カイザーは「出られるかどうかは今後のお前たち次第」と言って3人をある場所に案内する。そこは収録スタジオであり、不動遊星役の宮下雄也さんとジャック・アトラス役の星野貴紀さんが待っていた。カイザーは「2人のどちらかと遊戯王のカードゲームで勝負して勝ったら劇場版に出してやろう」と3人に告げる。
◆ザリパイ VS 星野さんの勝負
 デュエルする役目を買って出たのはザリパイ。ザリパイは星野さんを選び、デュエルを開始する。他の面々は別室で観戦。
アメパイ「宮下さん、星野さんはデュエルに関してはどうなんですか?」
宮下「遊戯王のアフレコの1時間前に来て共演者とデュエルしてるんですけど、絶対勝ってますね!」
 ザリパイは俗に「シモッチバーン」と呼ばれているデッキを使用。これは「シモッチによる副作用」とライフ回復系カードのコンボで相手のライフを0にすることを主眼としたデッキ。使ったカードは「シモッチによる副作用」の他に、「不幸を告げる黒猫」「成金ゴブリン」「光の護封壁」「魔法の筒」など。
 星野さんはシンクロを主体とした安定性のあるデッキを使用。使ったカードは「バイス・ドラゴン」「エクスプロード・ウィング・ドラゴン」「魔導戦士ブレイカー」「サイクロン」「神の宣告」など。
 デュエルは星野さんが勝利し、3人は出演できずという結果に。ここでアッキーナは「私が宮下さんと勝負して勝ったら劇場版に出してほしい」と懇願する。カイザーもこれを了承。
◆アッキーナ VS 宮下さんの勝負
 勝負は5秒ゲーム。「ストップウォッチを5秒と思ったところで止め、5秒に近い方が勝ち」というルール。宮下さんの記録は3秒89、アッキーナの記録は5秒32でアッキーナの勝ち。3人の劇場版出演が決定する。
◆3人のアフレコ風景
 3人は童実野町で開催されるデュエル大会の会場MC役で出演することに。早速アフレコに挑戦する。
アメパイ「ヒーヒッヒッヒッ!皆さん、始まりますよ」
ザリパイ「デュエルモンスターズの生みの親、インダストリアル・イリュージョン社」
アッキーナ「ペガサス・J・クロフォード会長の登場でーす」
 度重なるリテイクを経てOKが出たらしく、アフレコ終了。宮下さんと星野さんが3人に向けてコメント。
宮下「あれだけの台本のバリエーションですごいセリフの言い回し考えられはったな」
星野「めちゃめちゃ(アドリブの引き出しを)持ってんなぁと思いました」
◆改めて劇場版の告知
星野「来年1月23日公開!」
宮下「劇場版 遊戯王」
星野&宮下「超融合!時空を越えた絆」
全員「お楽しみにー」
アッキーナ「見てねー!」(完)
 なお、最後に「宮下さんと星野さんのサインが入った劇場版のポスターを3名にプレゼント」というお知らせがあったことを付け加えておきます。
 番組で明かされた劇場版の新情報をまとめると、以下のようになります。
・ジャックが登場する
・アメリカザリガニの柳原哲也さんと平井善之さん、南明奈さんがMCの役で出演
・イェーガーは登場しない
 番組はバラエティ色を前面に出した作りになっており、劇場版の情報が少なかったという意味では残念です。ただ、星野さんのデュエルへの入れ込みようは並々ならぬものがあり、好感が持てました。ジャックがどんな形で劇場版に登場するのか楽しみにしておきます。
【関連項目】
posted by Flyer 2009-11-28 22:55 | Permalink | 考察・メモ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。