遊戯王5D's 第132話「強襲!!機皇帝ワイゼル」の感想

 決勝戦の2話目ですが、早くも試合は中盤に移行しています。もしかしたら、チームラグナロク戦の6話より早く終わるかもしれません。
 前半はジャックとプラシドの対戦です。プラシドはルチアーノと違い、作戦から外れた行動をとっています。やはりプラシドは遊星と対戦できないことに苛立っているようですね。もっとも、プラシドが和を乱す流れは初期の頃から変わっていないとも言えます。作戦の遂行を考えれば、妙な気を起こさせないようにプラシドを一番手にした方が得策だったのではないかと。プラシドは「遊星とはもう一度戦うチャンスがある」と言っていました。ニューワールドにとってはサーキットの完成が第一であり、決着は別の機会につけるという筋書きになっている模様です。
 後半ではチーム・ニューワールドの三番手であるホセが登場しています。ホセが突然ダッシュしてDホイールと合体する流れはシュールすぎましたね…。そして、ホセが3体目の機皇帝「機皇帝グランエル∞」を召喚しています。「機皇帝グランエル∞」には元々の攻撃力が自分のライフポイントと同じになるという珍しい効果があり、これを活用するためにルチアーノとプラシドがお膳立てをした形です。構図としてはチーム太陽の作戦と似ています。結果的にホセの予定通りになりましたが、プラシドの「お遊び」が後に響いてくる可能性もないとは言えません。
 次回はクロウがホセに挑みます。現時点で「機皇帝グランエル∞」の攻撃力は15500もあり、一撃で沈められかねない状況です。クロウはどのような戦術で対抗するのでしょうか…。
遊☆戯☆王5D's DVDシリーズ DUELBOX【10】遊☆戯☆王5D's DVDシリーズ DUELBOX【10】

ポニーキャニオン 2010-12-15
売り上げランキング : 16584

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by Flyer 2010-10-26 00:23 | Permalink | アニメ感想

遊戯王5D's 第131話「未来を賭けた戦い!機皇帝スキエル VS スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン」の感想

 チーム5D'sとチーム・ニューワールドによるWRGP決勝戦がスタートしました。本来ならこの試合でWRGP編は終結するはずですが、全く終わる気がしません。
 前半ではこれまでの事情が整理されています。シェリーが破滅した未来を見たり、ニューワールドが勝利したらネオドミノシティが消滅するなど不吉な事柄ばかりです。カーリーにアーククレイドルが見えたのは元ダークシグナーだからと解釈しておきます。そして、決勝が始まりました。最初はジャックとルチアーノの対戦です。ルチアーノはデュエルボードを使用していますが、MCは特に触れていません。そもそもルチアーノはライセンスを持っているのでしょうか?てっきりデュエルボードはライセンスを持たない人向けのアイテムと思っていましたが。
 ルチアーノは「機皇帝スキエル」を召喚したものの、これといった見せ場もなくフィールドを去っていきました。どうもニューワールドはルチアーノとプラシドを捨て石にしてホセに任せる作戦のようです。遊星が「ホセの機皇帝の力は未知数」と言っていたところを見ると、トーナメントはルチアーノとプラシドだけで勝ち上がってきたと考えていいでしょう。既にスキエルとワイゼルの能力はバレてしまっているため、この2体で火花を散らすのは労力の無駄と判断したのかもしれません。もちろん、真の狙いはプラシドの言う「本当の力」を使うためでしょうけど。
 次回はプラシドが登場しますが、望み通りに遊星との再戦を果たすことは難しそうです。ニューワールドが霊機カウンターを溜めることにどんな意味があるのか気になります。
みらいいろみらいいろ
Plastic Tree

徳間ジャパンコミュニケーションズ 2010-12-15
売り上げランキング : 977

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by Flyer 2010-10-18 23:20 | Permalink | アニメ感想

遊戯王5D's 第130話「未来へつなぐ、仲間との絆」の感想

 11クール目の最初となる放送です。今回からOPテーマとEDテーマが一新され、WRGP編が次のステージに移行することを示しています。
 今回は総集編です。カーリーがWRGPの決勝について特集の記事を書くことになり、アキ、龍亞、龍可が手伝いに来るという内容でした。過去の映像を使ってチーム5D'sのメンバー紹介とイリアステルの背景説明がなされており、ストーリーの進展はありません。唯一の注目点は、アキの口からサイコパワーが消失したと明言されたことですね。もう少し話の本筋に絡んでくると思いきや、意外とあっさりしています。サイコパワーが消えたなら、ドリル型の髪留めはやめてもいいのではないでしょうか…。サイコパワー復活を想定した仕込みにも見えます。
 今回からカーリーのキャストが変わりました。やはり初回ということで多少の違和感はあるものの、許容範囲だったのではないかと。私が声を聞いた限り、「だから〜」の語尾はチャン・リーメイさんの方が合っていたと思います。でも、普段の話し言葉は金田アキさんの方がしっくりきました。ラグナロクのメンバーが使った三極神については、まともなフォローがないままに終わっています。三極神のバックグラウンドが大きすぎたために、フォローを諦めたのかもしれませんね…。三極神がこのままフェードアウトしてしまうのかどうか引っ掛かるところです。
 いよいよ次回からチーム5D'sとチーム・ニューワールドによる決勝戦が始まります。ホセは「全ての答えはWRGPにある」と言っていましたが、果たしてどんな試合になるのでしょうか…。
明日への道 〜Going my way !!〜明日への道 〜Going my way !!〜
遠藤正明

Marvelous Entertainment Inc.LDC(PLC)(M) 2010-12-22
売り上げランキング : 428

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by Flyer 2010-10-11 23:24 | Permalink | アニメ感想
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。