遊戯王5D's 第144話「終焉の起源 未来の為の死闘!」の感想

 依然として、遊星ギアをめぐる攻防が続いています。今回は遊星以外のシグナーが一切喋らないという珍しい内容となりました。
 内容としては「遊星 VS アンチノミー」のライディングデュエルです。遊星はかつての仲間と戦うことに及び腰であり、コースの外から降り注ぐ灼熱の炎にも悩まされています。このような過酷なコースを設定してもアンチノミーが有利になるわけでもなく、遊星に対して試練を課しているようにも思えますね…。アンチノミーは「デルタアクセルシンクロ」なるシンクロ召喚を行いました。3体のシンクロモンスターを必要とするため、素材を揃えるだけでも一苦労です。「ゲート・ガーディアン」のように、召喚すること自体にロマンを感じるモンスターと言えます。
 アンチノミーの話によれば、彼は未来の世界でプロのDホイーラーとして活躍していたらしいです。アンチノミーがチームメイトと会話するシーンで止め絵の連続になりましたが、作画が間に合わなかったのでしょうか…。アンチノミーは機皇帝に殺されそうになったところを、ゾーンに救われています。ゾーンの外見は遊星に酷似しているものの、この時代に遊星が生きているはずはありません。何者かが遊星の姿に化けたのかもしれませんね。パラドックスは未だに名前が出ないままです。劇場版を見ていない人向けに禁句扱いにしている感すらあります。
 次回も2人のライディングデュエルは続きます。遊星がこのデュエルに勝つためには、デルタアクセルシンクロを習得するしかないのでしょうか…。
遊戯王ファイブディーズ デュエルトランサー (デュエルスキャナー同梱)遊戯王ファイブディーズ デュエルトランサー (デュエルスキャナー同梱)

コナミデジタルエンタテインメント 2011-03-24
売り上げランキング : 424

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by Flyer 2011-01-24 23:51 | Permalink | アニメ感想

遊戯王5D's 第143話「命の奇跡、ライフ・ストリーム・ドラゴン!!」の感想

 放送が2011年3月末で終わるとすると、残りは今回を除いて11話となります。デュエルの回数はあと4〜5回が限度といった情勢です。
 前半は「ジャック&龍亞&龍可 VS アポリア」の続きです。前回で龍亞が召喚した「ライフ・ストリーム・ドラゴン」がその実力を披露しています。局面に合った効果ではあるものの、召喚条件を考えると実用性は今一つという印象です…。アポリアは心を捨ててマシーンになったはずでしたが、ここに来て感情をむき出しにしています。今思うと、アポリアの「感情をゾーンに預ける」という発言は何を意味していたのか謎ですね。アポリアは最後に希望の光を見出しており、改心のきっかけがつかめた感じでした。残念ながら、遅すぎた印象は否めませんけど。
 後半は「遊星&謎のDホイーラー」のグループにスポットが当たっています。謎のDホイーラーが自らを「アンチノミー」と名乗り、遊星と対峙することに。改めて3つのグループに分断されたことは策略だと感じます。アンチノミーは遊星の仲間になるため、ゾーンに記憶を消されたとのこと。プラシド戦のコースアウトのときも記憶を失っているので、二重の記憶喪失と考えてよさそうですね…。他のグループと違い、遊星とアンチノミーはライディングデュエルで勝負する模様です。やはり、両者のアクセルシンクロで雌雄を決するということなのでしょう。
 次回から遊星とアンチノミーのデュエルが本格的に始まります。以前に2人が手合わせしたときは、アンチノミーが自爆する形でデュエルが終了しました。今回は本気が見られそうです。
遊戯王5D’s SOUND DUEL 03遊戯王5D’s SOUND DUEL 03
TVサントラ

マーベラス エンターテイメント 2011-02-16
売り上げランキング : 950

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by Flyer 2011-01-17 23:38 | Permalink | アニメ感想

遊戯王5D's 第142話「生死を懸けた闘い!機皇神龍アステリスク」の感想

 2011年の最初となる放送です。既に4月から「遊戯王ZEXAL」が始まることが決まっているため、この1クールで遊戯王5D'sが完結すると思われます。
 今回も「ジャック&龍亞&龍可 VS アポリア」のデュエルが続いています。ジャックと龍可は残りライフの少なさからまともな行動ができず、龍亞が命運を握ることに。ジャックはともかく、龍可はこのデュエルで無力感ばかりが目立ってしまいますね…。龍亞は自分のライフを犠牲にして布石を残す道を選んでいます。「エンシェント・フェアリー・ドラゴン」の召喚は、龍可の心の支えになることを重視した選択でしょう。龍可は「機動要塞 フォルテシモ」の効果ダメージで沈んでしまう可能性が高く、最後まで気を確かに持ってもらう効果を期待したのではないかと。
 アポリアは新しい切り札となる「機皇神龍アステリスク」を使用しています。攻守の数値に不安定な要素を抱えているため、どうも強力な感じがしませんね…。そして、龍亞がシグナーに進化しています。龍亞の痣は心臓を表しているらしいですが、丸っこいデザインのせいか他の痣と比べて禍々しさに欠けると感じました。さらに「パワー・ツール・ドラゴン」が殻を破り、「ライフ・ストリーム・ドラゴン」が姿を現しています。龍可の夢を始めとした伏線がやっと実を結んだ形です。過去のOPやEDにも登場したのに、なぜここまで登場が遅れたのか疑問が残ります。
 龍亞が「ライフ・ストリーム・ドラゴン」を召喚したものの、デュエルにおいて危機的状況にあることには変わりありません。今のところ能力が未知数の「ライフ・ストリーム・ドラゴン」によって、この状況をどこまで覆せるのか注目が集まります。
遊戯王ファイブディーズ WORLDCHAMPIONSHIP2011 OVER THE NEXUS オーバー・ザ・ネクサス遊戯王ファイブディーズ WORLDCHAMPIONSHIP2011 OVER THE NEXUS オーバー・ザ・ネクサス

コナミデジタルエンタテインメント 2011-02-14
売り上げランキング : 578

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by Flyer 2011-01-11 02:19 | Permalink | アニメ感想
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。