遊戯王5D's 第46話「17年前の真実 隠されたダークシグナーの罠」の感想

 今回で4クール目の中間地点に到達しました。ダークシグナー編は2年目にまたがる模様です。いつ頃まで続くのか先が見えません。
 内容としては遊星とルドガーによるデュエルの続きですが、予想外の幕切れとなりました。ルドガーがこのタイミングで退場するとは思えなかったものの、まさかラリーを身代わりにするとは…。どうもルドガーには操ったデュエリストを自分の姿に似せる力があったらしいです。そして蜘蛛の姿をした4体目の地縛神「ウル」が初登場しています。地縛神の頂点に位置するといわれるだけあって、昆虫族モンスターとしては間違いなく遊戯王シリーズ最大のスケールです。ルドガーがラリーに引き継がせたため、真価を発揮できていなかった感があります。
 今回でルドガーが自分の素性を語っています。話によると、ルドガーはゴドウィンの兄で遊星の父親の助手をしていたとのこと。ゴドウィンもモーメント暴走時の被害者ということでしょうか?第05話で阿久津にモーメント停止の指示を出したことも無関係ではなさそうです。前回で死亡フラグが見え隠れしていた牛尾は辛うじて生き残っています。マーサは悲しいことになってしまいましたね…。数少ない母親的なキャラクターだっただけに、遊星たちとダークシグナーの戦いが終わるまで遊星たちの身を案じるポジションでいて欲しかったところです。
 次回はダークシグナーの中で影の薄かったディマクにスポットが当たります。フォーチュンカップのときに示された「エンシェント・フェアリー・ドラゴン」の伏線がようやく回収されることになりそうです。
遊☆戯☆王5D’s DVDシリーズ DUELBOX【3】遊☆戯☆王5D’s DVDシリーズ DUELBOX【3】
高橋和希 冨岡淳広

ポニーキャニオン 2009-03-18
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by Flyer 2009-02-21 03:41 | Permalink | アニメ感想

遊戯王5D's 第45話「対決!蜘蛛の痣をもつ男」の感想

 遊星を始めとするシグナー4人がサテライトに到着しました。ある意味ではここからがダークシグナー編の本番と言えそうです。
 ヘリでサテライトに向かった遊星たちは悪天候のためマーサの家に立ち寄りました。マーサからクロウやラリーたちが消えたことを聞かされ、遊星は動揺を隠せません。ジャックはサテライトを飛び出した経緯から、ラリーたちの消失を複雑な思いで受け止めていることでしょう。今回は牛尾を前面に出した描写が多かったですね。牛尾は狭霧に好意を持っていたものの、ジャックと狭霧のやり取りを見て心が折れてしまいました。牛尾が子供を探しに行ったことは死亡フラグの可能性が否定できません。マーサや子供たちとともに生還できるでしょうか…。
 そして遊星たちの前にダークシグナーの長であるルドガーが現れました。本人が言うには「シグナー4人が揃ってやってきたので歓迎に来た」とのこと。先にルドガーが表舞台に出てきたことで、ディマクはますます影が薄くなった形です。アキが遊星に同行したのはあからさまに解説役を務めるためですね。クロウたちがいなくなった今、解説役や見届け役の確保が難しくなったと考えて間違いなさそうです。ルドガーが使ったのは全て蜘蛛のモンスターでした。これまでの遊戯王シリーズに登場した羽蛾や瓜生といった昆虫使いとは段違いの風格です。
 次回は蜘蛛の姿をした4体目の地縛神が登場します。ストーリーの展開上、このタイミングでルドガーが退場するとはとても思えません。デュエルの中断、または今のルドガーが偽者という展開になってくるのか注目されます。
遊戯王ファイブディーズ ウィーリーブレイカーズ遊戯王ファイブディーズ ウィーリーブレイカーズ

コナミデジタルエンタテインメント 2009-03-26
売り上げランキング : 528

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by Flyer 2009-02-14 02:46 | Permalink | アニメ感想

遊戯王5D's 第44話「神風を巻き起こせ!ブラックフェザー・アームズ・ウィング」の感想

 遊星たちがダークシグナー打倒のため、サテライトに向かいました。1年目の放送があと7回ということを考えると、ダークシグナー編が2年目にまたがることは確実な情勢です。
 前半はクロウとイェーガーによるデュエルの続きです。ストーリーの観点から見ると傍流という感は否めませんが、思いのほか白熱したデュエルとなりました。理詰めのイェーガーに対して、鋭い勘で勝負するクロウという構図が新鮮に映りましたね。デュエルが佳境に入ったところで大きな地震が起き、デュエルは中断されてしまいました。決着もさることながらイェーガーのエース級のモンスターは披露されず、残念です。まるで接点がない2人だけに、再戦の望みは薄いと思われます。クロウが消息不明になり、しばらく出番が望めない点も大きな痛手です。
 後半は遊星たちの旅立ちです。サテライトに謎の黒い霧が発生したことを受けて、遊星たちは急遽サテライトに向けて出発することに。ゴドウィンはこの期に及んでも遊星たちに同行しませんでした。遊星がダイダロスブリッジの話を出しましたが、第32話で語られた伝説の男はゴドウィンという気がしてなりません。ゴドウィンがサテライトの人間と明かされたこともそれを後押ししています。遊星たちの見送りとして氷室と矢薙、そして天兵が久しぶりに姿を見せました。天兵は見せ場が全くなかっただけに、これでサヨナラというのはあまりに悲しい気がします。
 次回からいよいよシグナーとダークシグナーの決戦が始まります。次回予告を見る限り、最初は遊星とルドガーの激突です。果たしてダークシグナーのトップを務めるルドガーが先陣を切ってきた理由は一体何なのか…。
遊戯王ファイブディーズ スターダスト アクセラレーター ワールドチャンピオンシップ2009遊戯王ファイブディーズ スターダスト アクセラレーター ワールドチャンピオンシップ2009

コナミデジタルエンタテインメント 2009-03-26
売り上げランキング : 709

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by Flyer 2009-02-07 02:02 | Permalink | アニメ感想
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。