遊戯王5D's 第55話「仲間たちの想い、救世竜セイヴァー・ドラゴン」の感想

 遊星と鬼柳の再戦が終了しました。ディマク戦が4話構成、ボマー戦が3話構成だったことを考えると、2話での決着はやや駆け足という印象があります。
 今回の話で鬼柳がセキュリティに捕まるまでの過程とダークシグナーになった経緯が明かされました。鬼柳はセキュリティを刺殺したわけではなく、Dホイールを強奪しようとした際に負傷させたというのが真相だそうです。なぜか以前の回想にあった鬼柳の返り血がなくなっており、つなぎの不自然さは否めません…。一連の流れを見ると、クロウが鬼柳に向けて言った「逆恨み」という言葉が的を射ていたと感じます。鬼柳に語りかけた邪神の声はボマーを乗っ取った声と同じでしたね。地縛神の上に立つ邪神がいる可能性が高まりつつあります。
 サブタイトルの「救世竜 セイヴァー・ドラゴン」は予想に反してレベル1のチューナーモンスターでした。実質的な主役は「セイヴァー・スター・ドラゴン」でしたね。Dホイールとの一体化は5つの痣が集まったことでなせる業でしょうか…。今のところ遊星に集まった痣がシグナーの元に戻ったのかは定かではありません。仮に戻ったとすれば、ジャックやアキにも痣が集まるという展開がありそうです。さすがに遊星のドラゴンにだけ上位種がいるとは考えにくいので、他のドラゴンにも上位種がいるはずです。龍亞のドラゴンは例外かもしれませんが。
 次回はルドガーが遊星に2度目の勝負を挑んでくるようです。このタイミングでジャックやアキのデュエルを後回しにする意図がよく分かりませんね…。特にジャックは第29話以来デュエルがないだけに、早めのフォローが望まれます。
遊☆戯☆王5D’s DVDシリーズ DUELBOX【3】遊☆戯☆王5D’s DVDシリーズ DUELBOX【3】
高橋和希 冨岡淳広

ポニーキャニオン 2009-03-18
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by Flyer 2009-04-25 03:20 | Permalink | アニメ感想

遊戯王5D's 第54話「ラストデュエル!チームサティスファクション」の感想

 遊星が当初の目的地である巨人の塔に到着しています。遊星と鬼柳が再び対峙したわけですが、いつもに比べて作画が雑だった点が残念です。
 話の内容としては以前の鬼柳戦で語られたチームサティスファクションのその後が描かれています。サテライトを制覇したチームサティスファクションは倒すべき対象を失い、各地の残党狩りをやっていたそうです。もともと治安が悪いサテライトでは、デュエルギャングは抜いても生えてくる雑草のような存在だったと考えられます。残党狩りは弱い者いじめと変わらないと悟ったのか、クロウとジャックはチームから離れていきました。思いのたけを語ってから去るクロウと無言で去るジャックという対照的なスタンスが鬼柳の戸惑いを増幅させています。
 チームは鬼柳と遊星の2人となりましたが、それも長くは続かなかったようです。Dホイールに乗ったセキュリティの一団を見た鬼柳は「セキュリティを潰す」と言い出しました。おそらくセキュリティの台頭で残党狩りがしにくくなったという事情もあったのでしょうが、あまりに冷静さを欠いた判断です。遊星がチームを離れたのも無理はありません。それでも鬼柳はセキュリティ潰しを強行しています。情報は揃いつつあるものの、まだ鬼柳がセキュリティを殺傷した件については真相が判明していません。時系列もあやふやなところがあり、追加の説明が待たれます。
 次回は「セイヴァー・ドラゴン」なる新しいドラゴンが登場するとのこと。「スターダスト・ドラゴン」の上を行く存在であることはまず間違いありませんが、一体どんな力を持っているのか…。
遊戯王ファイブディーズ ウィーリーブレイカーズ遊戯王ファイブディーズ ウィーリーブレイカーズ

コナミデジタルエンタテインメント 2009-03-26
売り上げランキング : 528

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by Flyer 2009-04-18 03:13 | Permalink | アニメ感想

遊戯王5D's 第53話「吹きすさべ嵐 ブラックフェザー孤高のシルバー・ウィンド」の感想

 3話に渡って続いたクロウとボマーのライディングデュエルが終了しました。ジャックやアキは影が薄い状態が続いており、寂しい限りです。
 今回は出だしからクロウのDホイールが転倒し、デュエルがストップするという事態に見舞われました。以前の鬼柳戦のように無効試合になってもおかしくない状況でしたが、クロウはデュエルを続行しています。クロウのDホイールもボマーほどではないにしろ頑丈なようです。後半ではボマーの精神が乗っ取られるという描写がありました。EDテロップでは精神を乗っ取った主が「邪神の声」となっていて、地縛神との関係は不明瞭です。既に遊戯王シリーズには何体も邪神がいるため、「地縛神が器で邪神が本体」という設定はないと考えておきます。
 ボマーは鯱の地縛神「チャク チャルア」を召喚しています。6体目の地縛神となりますが、これまでに登場した地縛神の中では最もまがまがしさが薄いと感じました。「チャク チャルア」にボマーの兄弟が捕われていたところを見ると、過去にボマーの村で「チャク チャルア」が召喚されたということでしょうか…。フォーチュンカップでボマーが村の消滅を指摘した際に、ゴドウィンが静観を決め込んでいた点も引っかかります。村の消滅に兄のルドガーが関わっていたことは間違いないでしょうから、多少はゴドウィンにも自責の念があったのかもしれません。
 次回は遊星と鬼柳の対決となります。てっきり鬼柳戦の順番は最後だと思っていたんですけどね…。「ラストデュエル」というサブタイトルですが、ダークシグナーが4人も残っている状況でストーリーが終わるはずもありません。以前の鬼柳戦で触れられたセキュリティ刺殺事件の真相が明かされることに期待しておきます。
遊戯王ファイブディーズ スターダスト アクセラレーター ワールドチャンピオンシップ2009遊戯王ファイブディーズ スターダスト アクセラレーター ワールドチャンピオンシップ2009

コナミデジタルエンタテインメント 2009-03-26
売り上げランキング : 23

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by Flyer 2009-04-11 03:12 | Permalink | アニメ感想
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。