遊戯王5D's 第64話「オレたちの未来へ!」の感想

 3クールに渡って続いたダークシグナー編が完結しました。第1期も含めると、1年3ヶ月という長丁場のストーリーが幕を下ろしたことになります。
 前回のクロウに続き、今回はジャックもリタイヤ状態に追い込まれています。しかし、2人が布石を残すことによって遊星との絆を強く主張した形です。遊星の呼び掛けでレクスはルドガーとの絆が残されていたことに気づき、信念が揺らいでいます。そのためか、竜の痣がシグナーに戻りました。遊星の痣がドラゴンヘッドに変わったことはまだしも、クロウの腕に竜の痣が出現したのは予想外です。クロウがボマーを倒せたのはシグナーの素質を備えていたからからということでしょうか…。竜の痣を持たない龍亞はより一層厳しい立場になりました。
 遊星たちの活躍によって冥界の王の脅威は去り、世界は平和を取り戻しています。シティの人々はともかく、ダークシグナーの面々が生き返った点については賛否両論がありそうです。やはりダークシグナーの面々が亡者だったり、灰になって消えた事実は決して軽くありません。カーリーの説明も浮いていたように思います。ラストシーンはどう見ても最終回を念頭に置いた作りでしたね。一時期は視聴率の低迷で放送が打ち切られるという噂もあっただけに、このタイミングで終わりにしても支障がないような作りにしていたのかもしれません。
 次回からは新展開です。「ゴースト」なる謎のDホイーラーが現れるとのこと。内容もさることながら、一新されるオープニングとエンディングにも注目が集まります。
遊戯王ファイブディーズ スターダスト アクセラレーター ワールドチャンピオンシップ2009遊戯王ファイブディーズ スターダスト アクセラレーター ワールドチャンピオンシップ2009

コナミデジタルエンタテインメント 2009-03-26
売り上げランキング : 23

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by Flyer 2009-06-27 03:08 | Permalink | アニメ感想

遊戯王5D's 第63話「最強の地縛神!ウィラコチャラスカ!」の感想

 世界の命運がかかった3対1のライディングデュエルが続いています。これまでのシグナーとダークシグナーの戦いを思い返すと、いろいろと感慨深いです。
 今回は「何をもって神となったレクスに立ち向かうのか?」という点を主軸とした話です。「絆で対抗する」と言う遊星の主張を受けて、ジャックとクロウの言動がそれを後押ししています。クロウは以前に伝説の男の話を熱っぽく語っていただけに、ダイダロスブリッジに重ね合わせた演出は見事だと思いました。クロウはライフが残っているにもかかわらず、なぜかリタイヤ扱いでターンは回ってこないとのこと。Dホイールに乗っていないレクスは当然ながらリタイヤの心配がありません。この理不尽さも「神だから」の一言で片付けてしまうのでしょうか…。
 レクスの地縛神「ウィラコチャラスカ」は最強という触れ込みでしたが、攻撃力と守備力はたったの1しかありません。ステータスの面では最弱の地縛神です。その代わり、ゲームバランスを破壊しかねないほどに強力な効果を持っています。現在の遊星たちは冥界の王が放った尖兵を避けながら戦っていて、アキと龍可はその露払いという役回りです。アキと龍可がシグナーの面目を保つ一方で、龍亞の無力さが改めて浮き彫りになりましたね…。ディヴァイン戦にあった「パワー・ツール・ドラゴン」の伏線が未だに回収されていない点も気がかりです。
 次回でライディングデュエルは終局を迎えそうです。予告の映像でジャックが転倒しており、最後は遊星とレクスの一騎打ちになると予想されます。遊星のエースモンスターである「スターダスト・ドラゴン」がどう勝負に絡んでくるのか楽しみです。
遊☆戯☆王5D’s DVDシリーズ DUELBOX【5】遊☆戯☆王5D’s DVDシリーズ DUELBOX【5】
高橋和希 冨岡淳広

ポニーキャニオン 2009-09-16
売り上げランキング : 2591

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by Flyer 2009-06-20 03:05 | Permalink | アニメ感想

遊戯王5D's 第62話「最後の戦い!2つの神をもつ男」の感想

 ダークシグナー編も残りわずかとなりました。第27話から3クールに渡って描かれてきたストーリーがまとめの段階を迎えています。
 今回の話でルドガーが言っていた冥界の王が復活しました。冥界の王は泥まみれのドラゴンといった風貌で威厳に欠けます。レクスは遊星たちをシティに瞬間移動させてライディングデュエルを要求してきました。Dホイールを持っていないアキと龍可が最終決戦で蚊帳の外なのは寂しいですね…。レクスはルドガーにデュエルで敗北してダークシグナーになったらしいです。現時点ではレクスの真意は必ずしも明確ではありません。世界の破壊と創造を掲げてはいるものの、自分が犠牲になって世界を救おうとしているようにも見えます。
 レクスは「自分を倒せば冥界の王は消滅する」と語り、遊星・ジャック・クロウの3人はレクスとライディングデュエルをすることに。ただし、レクスはDホイールに乗らず、スタンディングのままという腑に落ちない形式です。レクスの初期ライフは12000ですが、どう見ても不利な条件ですね。特に手札枚数の差は重くのしかかってくるに違いありません。第32話で触れられた伝説の男はレクスらしいです。これが本当なら、サテライト住民の希望の星だった男がセキュリティ側に回ったことになります。クロウが強く否定するのも無理はないでしょう。
 次回は最強の地縛神「ウィラコチャラスカ」が登場するとのこと。最強と言う以上はルドガーの地縛神「ウル」を上回ることは確実です。その能力に注目が集まります。
遊☆戯☆王5D’s DVDシリーズ DUELBOX【4】遊☆戯☆王5D’s DVDシリーズ DUELBOX【4】

ポニーキャニオン 2009-06-17
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by Flyer 2009-06-13 03:18 | Permalink | アニメ感想
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。