遊戯王5D's 第67話「デュエルアカデミアの伝統!アンティーク・ギアゴーレム」の感想

 ゴーストの事件が一段落して遊星たちの日常の話に切り替わっています。今回でアバンの放送10周年記念映像が一巡したことも記すに値する点です。
 今回の話はデュエルアカデミアが舞台です。アキが復学し、龍亞と龍可がデュエルアカデミアに通い始めました。第44話以来の登場となる早野天兵や新顔のクラスメートの姿もあり、にぎやかな雰囲気になっています。教頭のハイトマンは成績不振を理由に龍亞たちのクラス全員を退学にすると言い出しました。予告を見て退学になるのは龍亞と龍可だけと思っていましたが、まさかクラス全員とは…。依頼を受けてやって来た遊星は退学撤回を賭けてハイトマンとデュエルすることに。前もって駆けつけたアキは割を食った形になり、少々気の毒です。
 ハイトマンが使用した「アンティーク・ギア・ゴーレム」は前シリーズ「遊戯王デュエルモンスターズGX」でクロノスが使用したカードです。何らかのつながりが描写されるかもしれないと期待されましたが、「伝説のレアカード」という点に触れられただけでした。明言こそされていないものの、現役を退いたクロノスがアカデミアに寄贈したとも考えられます。龍亞のクラスメートの中では無愛想なスライが一際目立つ存在です。スライは「スターダスト・ドラゴン」を妙に欲しがっていました。今後の展開で「スターダスト・ドラゴン」が盗難に遭う可能性が高そうです。
 次回は話の舞台がサテライトに移り、クロウがメインの話です。現在は本筋に入る前の仕込みの段階と思われます。OPアニメに出ている2人の新しいDホイーラーがどのタイミングで登場するのか気になるところです。
遊☆戯☆王5D’s DVDシリーズ DUELBOX【5】遊☆戯☆王5D’s DVDシリーズ DUELBOX【5】
高橋和希 冨岡淳広

ポニーキャニオン 2009-09-16
売り上げランキング : 2591

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by Flyer 2009-07-18 03:22 | Permalink | アニメ感想

遊戯王5D's 第66話「進化の証 シンクロモンスター」の感想

 第3期が怒涛のごとく幕を開け、今回は2話目です。さまざまな変更点があって慌しかった前回に比べると、かなり落ち着きを取り戻しています。
 内容としては遊星とゴーストによるライディングデュエルの続きです。2人の後方を走るジャックとクロウが解説役を務めています。詳細が不明だった「ワイゼル」というモンスター群についても説明がありました。前回の合体描写は攻撃力アップの演出にすぎなかったようです。ゴーストは「シンクロモンスターは人間の新たな進化の証だからこの世界に必要ない」と語っていました。これはカードゲームの進化を指しているのか、人類の進化を指しているのか判然としません。いずれにしても、イリアステルが絡んでいる時点で物騒な考え方と言えそうです。
 デュエル面ではシンクロ召喚時の計算式はない方がいいと感じました。シンクロ召喚後のステータス表示でレベルは分かりますからね。アキ、龍亞、龍可の3人は当面出番がないと思っていましたが、今回は出番がありました。もっとも「救世竜 セイヴァー・ドラゴン」の描写のために引っ張り出された感が強いです。ゴーストの事件は予想外に早く解決しています。ひとまずシティが平穏が訪れたものの、イリアステルから派遣された3人組が君臨している限りは安泰ではありません。前回シティ郊外に落下した石板が何かしらの意味を持っているはずです。
 次回は話の舞台がデュエルアカデミアに移り、「アンティーク・ギア・ゴーレム」が登場するとのこと。「アンティーク・ギア・ゴーレム」といえば、前シリーズ「遊戯王デュエルモンスターズGX」でクロノスがエースモンスターとして使用していました。さらにクロノスはデュエルアカデミアの教師だったため、次回の話との関連性が注目されます。
OZONE(DVD付)OZONE(DVD付)
vistlip

マーベラス エンターテイメント 2009-08-05
売り上げランキング : 13849

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by Flyer 2009-07-11 02:54 | Permalink | アニメ感想

遊戯王5D's 第65話「新たなる脅威」の感想

 今回からOPテーマとEDテーマが新しくなりました。サテライトが持っていた退廃的な雰囲気が一掃され、新展開にふさわしいスタートを迎えています。
 ダークシグナーとの戦いから半年が経ち、シティとサテライトの境界がなくなりました。遊星、ジャック、クロウの3人は1年後の大会に向けてDホイールの強化に取り組んでいます。3人の中ではジャックがボケ役に変化した感じですね。アキ、龍亞、龍可は当面出番がなさそうです。シティがライディングデュエルの街となった今、Dホイールを持たないキャラは扱いに困るのかもしれません。治安維持局ではレクスの後任とおぼしき怪しげな3人組がイリアステルから派遣されてきました。現時点ではイェーガーの早合点という可能性も否定できない状況です。
 ライディングデュエルの方に目を向けると、いろいろと変更が加わっています。まずフィールド魔法が「スピード・ワールド2」に進化しました。気になったのはスピードカウンター4個で使えるダメージ効果です。コストが軽い割に有用すぎると思います。そして、モンスターのステータスの下にレベルが表示されるようになりました。地味ながら好感触な変更です。今後のライディングデュエルは基本的に公道の専用コースで行われるようですね。邪魔が入らないという意味で理想的な環境ではあるものの、観戦者の意味合いが薄れてしまわないか少し心配です。
 ゴーストが使用した「ワイゼル」というモンスター群については説明らしい説明がなく、詳細は次回に持ち越しとなりました。「シンクロキラー」を標榜するゴーストに対し、攻撃をほぼシンクロモンスターに頼っている遊星はどう立ち向かうのでしょうか…。
FREEDOM (TVアニメ「遊戯王5D’s」OPテーマ)FREEDOM (TVアニメ「遊戯王5D’s」OPテーマ)
La-Vie.

Marvelous Entertainment Inc.LDC(PLC)(M) 2009-09-02
売り上げランキング : 1237

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by Flyer 2009-07-04 02:56 | Permalink | アニメ感想
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。