遊戯王5D's 第147話「未来へつなぐ希望!」の感想

 放送が2011年3月30日に終わることが決まりました。残り話数を考えると、アーククレイドル編が最終回まで続くことはなさそうです。
 前半は「アポリア VS ゾーン」の続きです。アポリアは徹底したデッキ圧縮を行い、「アフター・グロー」で一発逆転を狙いました。最初に「機皇帝グランエル∞」を召喚したのは、力押しと見せかけるためのブラフと思われます。ゾーンはアポリアにもデッキ構成を明かしていなかったらしく、アポリアは思わぬ反撃を受けることに。デッキのシャッフルは自動ですが、一番下のカードが一番上に来る可能性は限りなく低い気がします。ゾーンの話によれば、「時械神」は全部で10体いるとのこと。残り話数が少ない中、10体全てが登場するのか微妙な情勢です。
 後半は「遊星 VS ゾーン」に焦点が移っています。アポリアの話を聞く限り、自分の勝利が最優先で遊星たちにゾーンの戦術を見せることは二の次だったようですね。アポリアの力によって遊星のDホイールは空を飛べるようになりました。飛べる原理は定かではありません…。遊星が代表してゾーンと戦うことになり、他の面々はエースカードを遊星に託すことに。龍亞と龍可のエースカードはライディングデュエルだと活躍が見込めず、苦しい立場です。遊星とゾーンのデュエルは空中で行われています。「フライングデュエル」という表現がふさわしいです。
 次回から「遊星 VS ゾーン」のデュエルが本格的に始まります。遊星が他の面々から託されたエースカードをどう活用していくのか注目しておきます。
遊戯王ファイブディーズ デュエルトランサー (デュエルスキャナー同梱)遊戯王ファイブディーズ デュエルトランサー (デュエルスキャナー同梱)

コナミデジタルエンタテインメント 2011-03-24
売り上げランキング : 424

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by Flyer 2011-02-15 01:05 | Permalink | アニメ感想

遊戯王5D's 第146話「最後の一人 Z−ONE」の感想

 遊星たちが太陽ギアにたどり着きました。アーククレイドル編が新しい段階に移り、終幕が近いことを予感させます。
 遊星たちはゾーンの居場所に乗り込みましたが、そこはゴミの山でした。ボスの居場所は見通しのいい場合が多いだけに、似つかわしくない場所ですね…。そして、ゾーンの口からパラドックスの一件が告げられました。アンコール上映を意識して、あえてこのタイミングまで触れなかったのかもしれません。ついに遊星たちがゾーンと対決すると思いきや、アポリアが現れてゾーンに勝負を挑みました。おそらく、アポリアの真の狙いは遊星たちにゾーンの戦術を見せることでしょう。WRGPで遊星たちを散々見下していたことを考えると、まるで別人です。
 デュエルの方に目を向けると、アポリアはジャックたち3人との対戦では使わなかった機皇帝を使用しています。機皇帝はWRGPの決勝終了時に失われたように見えましたが、「機皇神マシニクル」と同様に回収したかスペアがあったようですね。ゾーンは何度となく手札から罠カードを発動していました。ただ、自分のターンに手札から発動するなら魔法カードと大差がない気もします。ゾーンのデッキは手札に戻す行為(バウンス)を主体としている模様です。バウンスの対策はOCGでも難しいだけに、アニメでも一筋縄ではいかない戦術と言えるでしょう。
 次回もアポリアとゾーンのデュエルは続きます。無傷のゾーンに対し、残りライフ500のアポリアがどんな戦術を仕掛けるのか興味を引くところです。
遊戯王5D’s SOUND DUEL 03遊戯王5D’s SOUND DUEL 03
TVサントラ

マーベラス エンターテイメント 2011-02-16
売り上げランキング : 950

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by Flyer 2011-02-07 01:18 | Permalink | アニメ感想

遊戯王5D's 第145話「光よりも速く!!」の感想

 遊星ギアをめぐる戦いが幕を下ろしました。3つに分断されたグループがデュエルを終えるまでに7話を要したことになります。
 今回は「遊星 VS アンチノミー」のライディングデュエルの続きです。アンチノミーが召喚した「TG ハルバード・キャノン」に対し、遊星は防戦一方になっています。もはや墓地からトラップを発動することは珍しくありませんね…。アンチノミーが遊星の手の内を知っているために、遊星は裏をかくことにも一苦労です。不発に終わったとはいえ無限ダメージコンボまで持ち出しており、なりふり構わずという遊星の姿勢が現れています。遊星の最後のコンボは疑問が残りました。攻撃力が800未満なら、「エンデューロ・ソウル」の効果は発動できない気がします。
 デュエルの終盤でブラックホールが発生し、遊星たちを飲み込もうとしています。当初のアンチノミーの話では敗者は太陽に飲み込まれるはずでしたが、事情が変わったのでしょうか…。終わってみれば、アンチノミーの真の目的は遊星を倒すことではありませんでした。通常デュエルでなくライディングを選択した時点で、覚悟は決まっていたのでしょう。結局、このデュエルで遊星はデルタアクセルシンクロを習得しませんでした。デルタアクセルシンクロはゾーン戦の課題となりそうです。ゾーン戦はライディングデュエルだということを暗示しています。
 次回はいよいよ遊星たちがゾーンと対面します。さすがにゾーン1人で全員を相手にすることは無理なので、何らかの選別が行われるはずです。
遊戯王ファイブディーズ WORLDCHAMPIONSHIP2011 OVER THE NEXUS オーバー・ザ・ネクサス遊戯王ファイブディーズ WORLDCHAMPIONSHIP2011 OVER THE NEXUS オーバー・ザ・ネクサス

コナミデジタルエンタテインメント 2011-02-24
売り上げランキング : 175

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by Flyer 2011-01-31 23:04 | Permalink | アニメ感想
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。