遊戯王5D's 第76話「誇り高き デーモン・カオス・キング」の感想

 ここ最近はストーリー上重要な回が続いていましたが、今回は傍流という印象が強いです。まだ本筋の話に絞る段階までは来ていないということを示しています。
 今回はジャックをメインにした話です。ジャックはDホイール窃盗団の話を聞き、その退治に乗り出しました。ジャックが懸賞金をどこまで重視していたのかは定かではありません。ジャックの突発的な行動により、セキュリティの風馬が負傷することに。いくらジャックが自責の念を感じたとはいえ、窃盗団のアジトに単独で乗り込むのはリスクが大きすぎますね…。窃盗団の親玉であるシドはセキュリティが来るまでの余興として、ジャックにデュエルを持ちかけました。後の会話によると、これはタンカー出航までの時間稼ぎという意味合いが強かったようです。
 シドはホイールをテーマとしたデッキを使用しています。Dホイールの窃盗団を束ねていることもあり、「ホイール」への執着心が強いという表れでしょうか…。シドはあからさまに単発のキャラクターなので、シンクロ召喚の口上が用意されているとは思いませんでした。高笑いしたジャックは悪役そのものという感じでしたね。遊星など他のメンツは出番が極端に少なく、まさにジャックの一人舞台だったと言えます。ただ、ジャックが働かない問題は先送りにされました。今回の実績を買われてセキュリティに雇ってもらえれば万事解決だったわけですけど。
 次回はイリアステル3人組の1人であるルチアーノがデュエルアカデミアに転校してくるそうです。学校で勉強する必要がないであろうルチアーノがわざわざ転校してきた目的は一体何なのでしょうか…。
遊☆戯☆王5D’s DVDシリーズ DUELBOX【5】遊☆戯☆王5D’s DVDシリーズ DUELBOX【5】
高橋和希 冨岡淳広

ポニーキャニオン 2009-09-16
売り上げランキング : 2591

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by Flyer 2009-09-19 22:19 | Permalink | アニメ感想

遊戯王5D's 第75話「十六夜アキ アクセラレーション!」の感想

 アキが新展開に入ってから初めてデュエルを行いました。アキが第2のスタートを切ったという意味で重要な回と言えます。
 ライディングデュエルをするにはライセンスが必要ということで、アキがライセンスの取得に挑戦しています。アキは練習走行で何度もクラッシュしており、重傷を負わないのが不思議なくらいでしたね。アキが操縦するDホイールは遊星たちが自前で組み上げたものでした。アキ以外の教習生は同じデザインのDホイールを使っていたので、Dホイールの調達方法としては特殊な部類に入るようです。牛尾の話だと、WRGPではオートパイロットがカットされるとのこと。マニュアルモードによる第1コーナーの争いがデフォルトになっていくと思われます。
 アキは卒業試験で牛尾とライディングデュエルを行うことに。牛尾は故意にアキのDホイールに接触するなど、遊星を見下していた頃に戻った感じがしました。アキは初めて「ブラック・ローズ・ドラゴン」以外のシンクロモンスターを使用しています。アキがDホイーラーになったことで、シグナーでは龍可だけが取り残された形となりました。龍可はただでさえデュエルの回数が少なく、エースの「エンシェント・フェアリー・ドラゴン」をシンクロ召喚したこともありません。今後はライディングデュエル中心の展開と予想されるだけに、活躍の場があるのか心配です。
 次回はジャックをメインに据えた話です。Dホイールの窃盗団を懲らしめに行くようですが、それ以前にジャックが働かないという問題が解決したのかどうかも注目のポイントです。
-OZONE-〈通常盤〉-OZONE-〈通常盤〉
vistlip

Marvelous Entertainment Inc.LDC(PLC)(M) 2009-08-05
売り上げランキング : 9733

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by Flyer 2009-09-12 03:11 | Permalink | アニメ感想

遊戯王5D's 第74話「さらなる進化!アクセルシンクロ」の感想

 新展開が始まってから今回で10話目となり、1クール目の終わりが見えてきました。徐々にイリアステル3人組の出番が増えており、不穏な空気を感じさせます。
 今回は謎のDホイーラーが遊星をライディングデュエルに誘い、アクセルシンクロを披露するという内容です。謎のDホイーラーは遊星の度胸を試したかったらしく、序盤はレース描写オンリーでした。謎のDホイーラーは「テックジーナス」という新しいモンスター群を使用しています。テックジーナスが持つ独自のコードナンバーは前例がないだけに、興味を引く要素です。謎のDホイーラーは名前を名乗らないまま遊星の前から去りました。おそらく再戦は遊星がアクセルシンクロを習得した後でしょう。再戦の実現はかなり先という気がしてなりません。
 サブタイトルにもなっている「アクセルシンクロ」とはシンクロモンスター同士で行うシンクロ召喚だそうです。「シンクロチューナー」という特殊なチューナーが必要であり、相手ターンに行える点が従来のシンクロ召喚と大きく異なります。まだアクセルシンクロの全容が明かされたわけではありませんが、これがワイゼル対策になるかというと疑問が残りますね…。いわゆる「サクリファイスエスケープ」ではその場しのぎにすぎません。アクセルシンクロ前の分離状態に戻せる等の特徴がない限り、ワイゼル対策として採用するのは厳しいという印象です。
 次回はついにアキがDホイーラーとしてデビューを飾るとのこと。デュエリストがDホイーラーになるためにはどんな手順を踏む必要があるのか気になるところです。
遊戯王5D's TAGFORCE4遊戯王5D's TAGFORCE4

コナミデジタルエンタテインメント 2009-09-17
売り上げランキング : 376

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by Flyer 2009-09-05 02:37 | Permalink | アニメ感想
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。