遊戯王5D's 第126話「降臨!第二の神 極神皇ロキ」の感想

 WRGPの準決勝が始まってから3話目です。試合は中盤に入り、両チームによる熾烈なライディングデュエルが展開されています。
 今回はチームラグナロクの二番手であるブレイブが登場し、ジャックやクロウと対戦しています。ブレイブはファンサービスを心がけているのか、立ち乗りなどのパフォーマンスを披露していました。WRGPでは自動操縦がカットされているため、非常に危険な行為ですね…。ブレイブは「極神皇トール」の自己再生能力を何度も使用し、クロウを苦しめています。ドラガンを一番手にした理由には、こうしたプレイングもあるでしょう。そして、第二の神「極神皇ロキ」が降臨しています。ただ、ステータスや効果の面で「極神皇トール」に見劣りする感は否めません。
 試合の途中では、ブレイブの素性が語られています。ブレイブはトレジャーハンターとして世界を転々としていたとのこと。第123話で執事にリストアップされたのが不思議に思える出自です。ブレイブは紛争を裏で操るイリアステルが許せず、打倒を決意したそうです。少なくともクロウよりはイリアステルと戦う根拠が明確ではないかと。クロウは神に対してバウンスや除外を試みるものの、うまく行きません。もはや万策が尽きた感すらあります。ブレイブは「極星霊」というモンスター群を使用していました。すぐにシンクロ素材にされたため、真価は不明です。
 次回も試合は続きます。クロウのライフは残り50で手札もフィールド上のモンスターもゼロという絶望的な状況です。この状況から神の撃破にまで持っていけるのか気になるところです。
遊☆戯☆王5D's DVDシリーズ DUELBOX【10】遊☆戯☆王5D's DVDシリーズ DUELBOX【10】

ポニーキャニオン 2010-12-15
売り上げランキング : 16584

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by Flyer 2010-09-13 22:42 | Permalink | アニメ感想