遊戯王5D's 第123話「ルーンの瞳のデュエリスト」の感想

 前回でチーム太陽との試合が終わり、今回は幕間という形です。9月末まで放送はあと6回しかないため、10月以降もWRGP編が続くと予想されます。
 内容としては、チームラグナロクの面々が三極神や自分の素性について語るというものでした。リーダーのハラルドはもともと空軍に所属していたそうです。若くして大佐を務めていたところを見ると、優秀さが感じられますね。ハラルドは異変を察知して退官し、他の三極神の使い手を探しに向かったとのこと。上官が言っていた「まるで意味が分からんぞ!」は視聴者の声を代弁しているとしか思えません…。ブレイブの素性はほとんど描かれませんでした。ただ、ブレイブの素性が「悪戯の神」であるロキとリンクしている片鱗は見えた気がします。
 ドラガンは3年前に父親の治療費を稼ぐため、ジャックのかませ犬を引き受けたとのこと。「八百長を仕込んででもジャックをキングの座につけたい」という当時のレクスの思惑が露見しています。自分の誇りが損なわれたと主張するドラガンですが、ジャックに怒りを向けるのは筋違いではないでしょうか…。「あのときにああすれば勝っていた」は言ってはいけないことだと思います。カウンターを食らう可能性もあったわけですからね。第118話ではジャックが伏せカードの発動をやめる一幕がありました。この行動が今度の対戦にも関わってきそうです。
 次回からチーム5D'sとチームラグナロクの試合が始まります。今のところ、クロウとブレイブの間に因縁めいたものはありません。この2人の位置付けはどうなるのでしょうか…。
遊☆戯☆王5D’s DVDシリーズ DUELBOX【9】遊☆戯☆王5D’s DVDシリーズ DUELBOX【9】
高橋和希

ポニーキャニオン 2010-09-15
売り上げランキング : 13359

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by Flyer 2010-08-23 23:04 | Permalink | アニメ感想