遊戯王5D's 第103話「戦いの果てに得たもの」の感想

 2年目の最後となる放送です。WRGP編は3年目にまたがる形になりました。チーム戦は時間がかかるため、もうしばらくはWRGP編が続くと思われます。
 第1試合が終わって遊星たちが一息ついていたところに、シェリーが訪ねてきました。その場にいた全員で、イリアステルと機皇帝について情報交換をしています。過去の映像が多用されており、総集編的な内容でした。シェリーはミゾグチと2人で大会に出場しているとのこと。シェリーは3人抜きを達成したそうですが、単に相手チームが弱かっただけという可能性がありますね…。チーム5D'sが予選で対戦する残り2チームのうち、名前が明かされたのはチームカタストロフのみです。最後の1チームはまともな出番がないまま消えると予想されます。
 前回でジャンが攻撃せずにターンエンドした場合については、フォローがありませんでした。てっきり遊星が「デッキ切れによる敗北はこうやって回避できた」と説明すると思っていたんですけどね…。ジャックの負傷は大したことがなかったらしく、次の試合から復帰できるようです。もっとも第1試合で足を引っ張ったため、起用は慎重にならざるを得ないでしょう。ブルーノは海辺のネコを見て記憶がフラッシュバックしています。ブルーノがチーム5D'sを離れる日もそう遠くなさそうです。ブルーノが去った場合、メカニック担当者が不在になってしまいますが。
 次回からはチーム5D'sとチームカタストロフの試合が始まります。一新されるオープニングとエンディングがどんな風に仕上がっているか楽しみです。
遊戯王5D's SOUND DUEL2遊戯王5D's SOUND DUEL2

Marvelous Entertainment Inc.LDC(PLC)(M) 2009-12-23
売り上げランキング : 1728

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by Flyer 2010-04-03 22:29 | Permalink | アニメ感想