遊戯王5D's 第96話「結成!チーム5D's」の感想

 今回から話の焦点がWRGPに移りました。参加チーム数や予選の組み合わせが発表されており、ここからが本当の意味でのWRGP編と言えそうです。
 今回はWRGPの前哨戦です。クロウが練習走行でチーム・ユニコーンのDホイーラーと事故を起こし、相手のDホイールが大破してしまいました。遊星はDホイールの弁償をチャラにするべく、アンドレとデュエルすることに。実はユニコーン側の策略だったらしいですが、疑わしいですね…。クロウが予定通りにコースを降りなかったのは気まぐれであり、あの短時間で仕込みができるとは思えません。また、実力を見るなら一度も公式戦に出ていないであろうクロウを優先した方が得策かと。遊星やジャックは公式戦のデータでほぼ実力を把握できるはずです。
 アンドレは「速攻パワーデッキ」と銘打った獣族中心のデッキを使っています。「おとぼけオポッサム」以外はOCG化済みのモンスターであり、どれも定評のある獣族モンスターです。アンドレはカードプレイングに関して天才的なセンスを持っているとのこと。もっとも、最良の手が最良の結果を生むとは限らないのがカードゲームの世界ですけどね。前回でお先真っ暗と思われたボルガーの会社ですが、今回でフォローされていました。遊星たちのDホイールに新エンジンを提供しています。新エンジンとアクセルシンクロ習得のつながりは未知数です。
 次回も遊星とアンドレのライディングデュエルは続きます。アンドレの天才的なプレイングセンスを前に、遊星が状況を打開するような手を打てるのか注目されます。
遊☆戯☆王5D’s DVDシリーズ DUELBOX【7】遊☆戯☆王5D’s DVDシリーズ DUELBOX【7】

ポニーキャニオン 2010-03-17
売り上げランキング : 4725

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by Flyer 2010-02-13 16:41 | Permalink | アニメ感想