遊戯王5D's 第76話「誇り高き デーモン・カオス・キング」の感想

 ここ最近はストーリー上重要な回が続いていましたが、今回は傍流という印象が強いです。まだ本筋の話に絞る段階までは来ていないということを示しています。
 今回はジャックをメインにした話です。ジャックはDホイール窃盗団の話を聞き、その退治に乗り出しました。ジャックが懸賞金をどこまで重視していたのかは定かではありません。ジャックの突発的な行動により、セキュリティの風馬が負傷することに。いくらジャックが自責の念を感じたとはいえ、窃盗団のアジトに単独で乗り込むのはリスクが大きすぎますね…。窃盗団の親玉であるシドはセキュリティが来るまでの余興として、ジャックにデュエルを持ちかけました。後の会話によると、これはタンカー出航までの時間稼ぎという意味合いが強かったようです。
 シドはホイールをテーマとしたデッキを使用しています。Dホイールの窃盗団を束ねていることもあり、「ホイール」への執着心が強いという表れでしょうか…。シドはあからさまに単発のキャラクターなので、シンクロ召喚の口上が用意されているとは思いませんでした。高笑いしたジャックは悪役そのものという感じでしたね。遊星など他のメンツは出番が極端に少なく、まさにジャックの一人舞台だったと言えます。ただ、ジャックが働かない問題は先送りにされました。今回の実績を買われてセキュリティに雇ってもらえれば万事解決だったわけですけど。
 次回はイリアステル3人組の1人であるルチアーノがデュエルアカデミアに転校してくるそうです。学校で勉強する必要がないであろうルチアーノがわざわざ転校してきた目的は一体何なのでしょうか…。
遊☆戯☆王5D’s DVDシリーズ DUELBOX【5】遊☆戯☆王5D’s DVDシリーズ DUELBOX【5】
高橋和希 冨岡淳広

ポニーキャニオン 2009-09-16
売り上げランキング : 2591

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by Flyer 2009-09-19 22:19 | Permalink | アニメ感想