遊戯王5D's 第49話「マイナスをつかさどる王 猿魔王ゼーマン」の感想

 龍可が「エンシェント・フェアリー・ドラゴン」を解放する過程が続いています。ダークシグナー編は3月末どころか6月末まで続きそうな勢いです。
 前回は龍可がレグルスと出会ったところで終わったわけですが、今回はその続きです。話の流れとしてはマイナスの力を受けたせいで言葉の意味が反対に聞こえてしまうレグルスを元に戻し、龍可がレグルスとトルンカを伴って「猿魔王ゼーマン」の城に乗り込むというものでした。トルンカは龍可をレグルスの居場所に案内した時点で役目を終えたはずですが、なぜか引き続き同行していますね。「エンシェント・フェアリー・ドラゴン」とともに龍可のカードとして力になるフラグでしょうか…。龍可の妖精デッキのイメージに合うかというと微妙ではあります。
 龍亞とディマクのデュエルは今回もあまり進展がありませんでした。次回予告に出ていた「巨大化」は龍亞の逆転の一手にはなることなく出番を終えています。ディマクが使う「猿魔王ゼーマン」はステータスも効果も平凡で、過去に登場したダークシンクロモンスターと比べて大きく見劣りしますね…。せめて効果は精霊世界でマイナス化にこだわっている点を踏まえて欲しかったところです。ディマクは自分の素性を語らない状態が続いています。龍亞との勝負を「前座」と割り切っているため、龍可との勝負まで語る気がないのかもしれません。
 今回も龍亞とディマクのデュエルは完結せず、決着は持ち越しになりました。デュエルが4週にまたがったのは遊戯王5D'sで初めてのことです。ついにディマクの地縛神「クシル」が登場しますが、龍亞に地縛神の攻撃を防ぐ手段はあるのでしょうか…。
遊☆戯☆王5D’s DVDシリーズ DUELBOX【3】遊☆戯☆王5D’s DVDシリーズ DUELBOX【3】
高橋和希 冨岡淳広

ポニーキャニオン 2009-03-18
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by Flyer 2009-03-14 01:40 | Permalink | アニメ感想