遊戯王5D's 第42話「集結!赤き竜の戦士たち!」の感想

 ようやくシグナーがまとまりを見せ始めましたが、今回はデュエルがありませんでした。デュエルがなかった回は第14話、第32話に続いて3度目です。
 アキが遊星たちに協力的になったことにより、ゴドウィンがシグナー4人を招待して事情を説明をするというのが今回の話です。過去の映像が多用され、実質的に総集編でした。ゴドウィンによる説明も既出の情報を整理するという意味合いが強く、あまり目新しさはありません。新しいと言えるのは「ダークシグナーを元の人間に戻すことは不可能」という情報ぐらいです。この情報を信じるなら、カーリーが今後「占い魔女」を使う可能性は限りなく低いと予想されます。炎属性の占い魔女は出番がないままお蔵入りになってしまうのでしょうか…。
 ゴドウィンは今回も5人目のシグナーについて多くを語りませんでした。これほどひた隠しにする理由が不明ですね。この分だと、5人目のシグナーはまだ登場していない新キャラクターではないかという気さえしています。龍亞はゴドウィンに門前払いを言い渡されていました。改めて不遇なポジションが露呈した形です。「パワー・ツール・ドラゴン」の伏線が回収されるまでは辛抱する必要がありそうです。アキはディヴァインの真意を知らされましたが、すぐに立ち直りを見せています。ディヴァインが落下する映像は影を潜めるかもしれません。
 次回はダークシグナーとの決戦前夜という位置付けのようです。予告映像のクロウとイェーガーという意外な組み合わせに興味が引かれます。
遊戯王ファイブディーズ Dホイール 遊星号遊戯王ファイブディーズ Dホイール 遊星号

コナミ
売り上げランキング : 4665

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by Flyer 2009-01-24 02:57 | Permalink | アニメ感想