遊戯王5D's 第14話「現れるフォークロア 破壊をもたらす『黒薔薇の魔女』」の感想

 2クール目の放送に入り、ようやく話が軌道に乗ってきた感があります。今回は放送開始以来初めてデュエルが行われませんでした。
 内容としてはフォーチュンカップの下準備です。龍亞の友人の早野天兵と「黒薔薇の魔女」こと十六夜アキが登場し、OPアニメに出ているキャラクターが全て出揃っています。アキはせっかくの初登場にもかかわらず、セリフが少ない上に本編で名前が出ませんでしたね…。アキがデュエルを通して行う「物理的な破壊」とは使用したモンスターやら魔法やらを実体化してしまうというはた迷惑なものでした。意図しない念動力で周りの岩やら壁やらを壊す程度だと思っていただけに、予想外です。ここまで来るとデュエルを禁止されても文句は言えないでしょう。
 遊星が収容所行きになってから迷走ぎみだったアトラスですが、ここに来て遊星との対面を果たし、「スターダスト・ドラゴン」を遊星に返しました。思いがけず、遊星の「スターダスト・ドラゴン」を取り戻すという目的は達成されたことになります。イェーガーにフォーチュンカップへの参加を強制された段階なら、遊星は初戦でわざと負けるという行動をとることもできました。ところが、アトラスから「スターダスト・ドラゴン」を受け取ったことで遊星は大会に真剣にならざるを得ません。レクスが大会に忍ばせた5人の刺客も見落とせないポイントです。
 次回からフォーチュンカップが始まります。参加を渋る龍可の代わりに女装した龍亞が出場するようです。遊星に指摘された問題点を改善して勝利につなげることができるでしょうか…。
posted by Flyer 2008-07-05 00:10 | Permalink | アニメ感想